無料エントリーポイント配信中!!コピートレード公開!!

チャート分析の秘訣②

それではチャート分析の続きです。
この記事から読んでください。⇒
チャート分析の秘訣①
前回の2月10日のユーロドル週足の画像です。

10.jpg 
このチャートを見てどう思いますか?
どう思うという表現は曖昧な言い方ですが、難しく考えずに思った事をそのまま表現すれば良いだけです。
まずはチャートを見て考える事や感じる事、思う事を行う事が重要です。
つまり答えは人それぞれ色々有ります。

そうなんです。
チャートなんて感じ方や捉え方が見る人それぞれ違って当たり前なんです!!

例えば今回の週足のチャートですが、このチャートを見て、
結局は2008年ころからの大きなレンジだ!
と思う人もいれば、
1.2000~1.6000ないし1.5000までの値幅は3000~4000pips有るので十分にトレンドが出ているし十分に差益が取れる!
と思う人もいる。
高値を切り下げているので長期下降トレンドという見方も有る!
人それぞれ同じチャートを見ても見方や考え方は違う。
特にこのチャートは週足なのでスキャルやデイトレ派の方は余り見ないだろう。
しかし私はスキャルであっても週足は最初に見る。
毎日見るわけでは無い。
毎日見ても目先の足しか変わり映えしないから。
ただ週足のチャートや流れが頭に入っていなければ毎日でも見る必要が有る!
ここで重要になるのが、スキャルだから週足を見ないと決めつける考え方です。
仮にスキャル派でも週足のスイングが狙える押し目に到達していた場合、スキャルで30pips取りに行くより一撃で1000pips取る方がはるかに効率が良い。
FXをやる上で決めつけは良くない!
柔軟な考え方と姿勢で挑む事により億トレーダーの仲間入りが出来る。
色々な考え方や思考を柔軟に取り入れる・・・
つまり、
自分自身の考え方や思考だけでなく、他人がどう感じるかも考える必要が有るのです。
では、どの考え方や誰の考え方思考が正解か?
そんなの事前には誰にも分かりません。
チャートが完成して初めて正解が導き出せるんです。
でも、それだと値動きを予想できないですね。
では為替の値動きはどのようにして決まるのかを紐解いていきましょう。
続きは次回と言う事で・・・
応援よろしくお願いします↓↓


為替・FX ブログランキングへ

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

最近のコメント

ブログ内検索